センターの特徴

センターの特徴

中河内救命救急センターは、東大阪市、八尾市、柏原市からなる中河内医療圏にある唯一の救命救急センターです。主に現場からの救急搬送例と医療機関から御紹介頂いた傷病者に対応しており、命にかかわる重度外傷、敗血症、脳卒中、多臓器不全、中毒、熱傷などの重症傷病者を専門的に治療する医療施設となっています。急性期に必要な治療はすべてセンター内で完結する方法をとり、リハビリや後療法が必要な患者さんは後送病院へ転院のうえ、治療を継続して頂いています。また、災害医療にも積極的に取り組んでおり、災害拠点病院としての役割も担っています。
診療では、独立型救命救急センターの最大限の特徴を生かし、生命の危機に瀕している傷病者に対して素早い診療を行うとともに各部門がチームワークを結集・発揮し治療にあたっています。さらに、病院前診療として、ドクターカーによる現場での診療に加え、救急救命士への指示や助言ならびに教育など、地域メディカルコントロール体制においても中心的な役割を果たしています。

認定施設

・日本救急医学会 救急科専門医指定施設
・日本救急医学会指導医指定施設
・日本外科学会 外科専門医制度関連施設
・日本集中治療医学会 専門医研修施設
・日本外傷学会 外傷専門医研修施設
・日本熱傷学会 熱傷専門医認定研修施設
・災害拠点病院(地域災害医療センター)
・原子力災害医療協力機関