本文へスキップ

中河内救命救急センターは大阪・中河内地区の三次救急を担う救命救急センターです。

TEL. 06-6785-6166

大阪府東大阪市西岩田3-4-13

部門案内DEPERTMENT

看護部情報



大阪府立中河内救命救急センター 看護部
      

 特定看護師に係る看護師研修制度

      
当センターは特定行為研修の臨地実習施設です


特定行為係る看護師研修制度とは?

○平成26年6月18日、「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(医療介護総合確保推進法)」が参議院本会議で可決、成立いたしました。その中に平成23年度より検討されてきた「特定行為に係る看護師の研修制度」が含まれています。

○この制度は医師の判断を待たずに、手順書により一定の診療の補助を行うことができる看護師を育成するものです。この制度を受けて厚生労働省から省令が出され、平成27年10月より一部の医療行為が実施できる看護師の養成が開始されます。当センターは研修協力機関として臨地実習施設となっております。








当センターは臨地実施施設として、実習看護師は、指導医の指示のもと、緊急度、重症度の判定を行い、診療業務の一部を実施します。 時間に無駄がなく、かつ効率よい円滑な診療を皆さまに提供できることにつながるものと思います。
皆さまのご理解・ご協力をお願い申し上げます。



この件に関するお問い合わせは看護部で承ります。
看護部担当者 : 冨岡 小百合         
п@06-6785-6166(代表) PHS7047         
メールアドレス:morimoto@nmcam.jp

バナースペース

大阪府立中河内救命救急センター

〒578-0947
大阪府東大阪市西岩田3-4-13

TEL 06-6785-6166
FAX 06-6785-6165

今月の中河内風景



韓国の慶北科学大学看護学生ら84名による施設見学がありました。 岸本副所長による韓国語でのトークが功を奏し、歓迎オリエンテーションは終始なごやかな雰囲気で進行しました。 も散り、新緑の季節になりました。