研究業績

2020年

論文発表

1.Nakashima T, Miyamoto K, Shima N, Kato S, Kawazoe Y, Ohta Y, Morimoto T, Yamamura H & DESIRE Trial Investigators. Dexmedetomidine improved renal function in patients with severe sepsis: an exploratory analysis of a randomized controlled trial. J of Intensive Care 2020; 8:1.

2.Yamamoto T, Mizobata Y, Kawazoe Y, Ohta Y, Morimoto T, Yamamura H.Incidence, risk factors, and outcomes for sepsis-associated delirium in patients with mechanical ventilation: A sub-analysis of a multicenter randomized controlled trial. J Critical care 2020; 56: 140-144.

3.Okada Y, Kiguchi T, Irisawa T, Yoshiya K, Yamada T, Hayakawa K, Noguchi K, Nishimura T, Ishibe T, Yagi Y, Kishimoto M, Shintani H, Hayashi Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Nakamura F, Nishioka N, Matsuyama T, Sado J, Matsui S, Shimazu T, Koike K, Kawamura T, Kitamura T, Iwami T. Association between low pH and unfavorable neurological outcome among out-of-hospital cardiac arrest patients treated by extracorporeal CPR: a prospective observational cohort study in Japan. J of Intensive Care 2020; 8:34.

4.Yamamura H, Matsuura H, Nakagawa J, Fukuoka H, Domi H, Chujoh S. Effect of favipiravir and an anti-inflammatory strategy for COVID-19. Critical Care 2020, 10; 24:413.

5.Okada Y, Kiguchi T, Irisawa T, Yoshiya K, Yamada T, Hayakawa K, Noguchi K, Nishimura T, Ishibe T, Yagi Y, Kishimoto M, Shintani H, Hayashi Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Nakamura F, Nishioka N, Matsuyama T, Sado J, Matsui S, Shimazu T, Koike K, Kawamura T, Kitamura T, Iwami T.Predictive accuracy of biomarkers for survival among cardiac arrest patients with hypothermia: a prospective observational cohort study in Japan . Scand J Trauma Resusc Emerg Med 2020; 5;28(1):75.

6.Ohta Y, Miyamoto K, Kawazoe Y, Yamamura H, Morimoto T. Effect of dexmedetomidine on inflammation in patients with sepsis requiring mechanical ventilation: a sub-analysis of a multicenter randomized clinical trial. Critical Care 2020, 10; 24:493.

7.Miyamoto K, Nakashima T, Shima N, Kato S, Kawazoe Y, Morimoto T, Ohta Y, Yamamura H. Utility of a prediction model for delirium in intensive care unit patients (PRE-DELIRIC) in mechanically ventilated patients with sepsis. Acute Medicine &Surgery 2020, 7: e589

学会発表

第25回日本集団災害医学会総会学術集会(2月神戸)

1.島津 和久 Staging care unit(SCU)における医療用酸素の有効活用の工夫

第48回日本救急医学会総会学術集会(11月岐阜)

1.入里 直樹、松浦 裕司、三木 由香里、岸本 正文、山村 仁. 重症COVID-19患者の胸部CT画像における経時的変化

2.福岡 大史、道味 久弥、中川 淳一郎、中條 悟、山村 仁. 有鉤義歯誤飲による食道損傷に対し、有茎肋間筋弁を用いた一例

3.三木 由香里、福岡 大史、道味 久弥、舟久保 岳央、松浦 裕司、中川 淳一郎、中條 悟、奥田 和功、岸本 正文、山村 仁. COVID-19患者の呼吸管理におけるopen lung strategy

4.道味 久弥、山村 仁、福岡 大史、三木 由香里、舟久保 岳央、松浦 裕司、中川 淳一郎、日野 裕志、中條 悟、奥田 和功、岸本 正文. 新型コロナウイルス感染症患者に対するオンライン面会の取り組み~感染防御と家族へのサポートを考えて~

5.福岡 大史、松浦 裕司、道味 久弥、三木 由香里、舟久保 岳央、中川 淳一郎、日野 裕志、中條 悟、奥田 和功、岸本 正文、山村 仁.  SARS-CoV-2患者における臨床経過とバイオマーカーの検討

6.永田 高志、有嶋 拓郎、長谷川 有史、山村 仁、赤星 朋比古、廣橋 伸之、宇佐 俊郎、花田 裕之、山口 芳裕、坂本 哲也、明石 真言. 原子力災害拠点病院BCPワークショップ開発と実施

2019年

論文発表

1. 池側恭洋,中川淳一郎,日野裕志,加藤昇,流田智史,山中英治.緊急手術により救命しえた左胃大網動脈瘤破裂の1例.日本腹部救急医学会雑誌2019;39:549-553.
2. 升井淳,中川淳一郎,日野裕志,遠山一成,島津和久,岸本正文,塩野茂.肝損傷後に肝コンパートメント症候群を来した5例の検討.日本救急医学会雑誌2019;30:207‐213.
3. 岸文久, 藤本京利, 速水宏達, 茶谷めぐみ, 木村新, 奥田和功,塩野茂. 外傷性頭蓋内出血の血腫増大に対する来院時造影CTの有用性. Neurosurgical Emergency 2019;24:20-27
4. 奥田和功. 重篤な乳酸アシドーシスを呈したアクリルアミド経口急性中毒の1救命例. 中毒研究 2049;32:71-75.
5. 奥田和功. 両側頭蓋内血腫をきたしたが、集学的治療で良好な転帰が得られた重症頭部外傷の1例. 日本臨床救急医学会雑誌 2019;22:69-74.

学会発表

第55回日本腹部救急医学会総会(3月仙台)
1. 升井淳,中川淳一郎,日野裕志,遠山一成,山村仁,塩野茂:経皮的ドレナージにより軽快した脾膿瘍の1例
2. 日野裕志,升井淳,中川淳一郎,山村仁,塩野茂:内視鏡的クリッピングおよび血管塞栓術により止血し得た空腸憩室出血の一例
3. 岡田康佑,升井淳,中川淳一郎,日野裕志,山村仁,塩野茂:急激な腹痛で発症したアルコール性ケトアシドーシスの1例
第22回日本臨床救急医学会学術集会(5月和歌山)
4. 岸本正文,石見拓,西本泰久,安宅啓二:一般市民対象のファーストエイド講習会の実施
第33回日本外傷学会総会学術集会(6月八戸)
5. 升井淳,中川淳一郎,日野裕志,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,山村仁,塩野茂:腹部外傷に対する治療戦略として、Open abdomen managementを選択した症例の検討
第45回日本骨折治療学会学術集会(6月福岡)
6. 岸本正文:大都会震災の問題点
第41回日本中毒学会総会学術集会(7月川越)
7. 福岡大史,舟久保岳央,中川淳一郎,奥田和功,岸本正文,山村仁,塩野茂:CO-Hb高値を示したジクロロメタン中毒の1例
第47回日本救急医学会総会学術集会(10月東京)
8. 山村仁,道味久弥,升井淳,舟久保岳央,中川淳一郎,塩野茂:救急患者に対する鎮痛鎮静プロトコルの有用性と問題点
9. 山村仁:研究の報告~学会発表と論文作成~
10. 岸本正文:ICLSコースにおける指導者の育成-複数の施設でのICLSコース開催経験より-
11. 中川淳一郎,山村仁,道味久弥,升井淳,舟久保岳央,日野裕志,中條悟,岸本正文,塩野茂:外傷初期診療におけるダイバーシティマネジメント~多職種の協力による『全員診療』~
12. 升井淳,舟久保岳央,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,山村仁,塩野茂:Open abdomen managementに関する検討からみたAcute Care Surgeryにおける今後の課題
13. 舟久保岳央,山村仁,中川淳一郎,中條悟,岸本正文,塩野茂:全自動遺伝子解析装置(Film Array血液培養パネル)の有用性に関する検討
第11回日本Acute Care Surgery学会学術集会(10月沖縄)
14. 山村仁,升井淳,日野裕志,中川淳一郎,中條悟,塩野茂:致死的状況で搬入となった消化管が原因である急性腹症の検討
15. 中川淳一郎,中條悟,山村仁,升井淳,遠山一成,塩野茂:後腹膜膿瘍に対する腹腔鏡下膿瘍ドレナージの経験
40th SICOT Orthopaedic World Congress(12月マスカット)
16. Masafumi Kishimoto, Takeo Funakubo:Anterior U-Type Fractures of Sacrum

2018年

論文発表

論文発表
1. 岸本正文.【Pick up! from~Love EM!救急への想い~】Love! my Career 私のキャリアと救命救急センターにおける整形外科治療の魅惑.救急医学2018;42:521-525.
2. 加藤昇,田中淳,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,塩野茂.放射線科常勤医不在の独立型三次救急医療施設における体幹CTで発見された偶発病変への対応.日本臨床救急医学会雑誌2018;21:584-588.
3. 岡田昌浩,舟久保岳央,岸本正文.再手術を要した関節外脛骨近位端骨折の1例.中部日本整形外科災害外科学会雑誌2018;1171-1172.
4. 加藤昇,遠山一成.胃底部漿膜パッチが奏功したアルカリによる急性食道穿孔の1例.日本臨床外科学会雑誌2018;79:1433-1438.

学会発表

第23回日本集団災害医学会総会学術集会(2月横浜)
1. 岸本正文:災害時の骨折の特異性と治療戦略
2. 島津和久,冨岡小百合,櫻谷眞佐子,加藤昇,塩野茂:SCU(Staging care unit)サポートチーム-SCUでの診療を円滑に行うために-
第38回日本中毒学会西日本地方会(2月東大阪)
3. 奥田和功,吉田元治,黒田舞子,宇都宮康裕,谷川忠義,舟久保岳央,田中淳,岡田昌浩,中川淳一郎,日野裕志,遠山一成,島津和久,岸本正文,加藤昇,塩野茂:重篤な乳酸アシドーシスを呈したアクリルアミド経口急性中毒1救命例
第54回日本腹部救急医学会総会(3月東京)
4. 田中淳,日野裕志,岡田昌浩,中川淳一郎,中條悟,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,加藤昇,塩野茂:ANCA関連血管炎に合併した脾動脈瘤の一例
第130回中部日本整形外科災害外科学会学術集会(4月松山)
5. 岡田昌浩,舟久保岳央,岸本正文:関節外脛骨近位端骨折(AO-OTA41-A2)に対し髄内釘を施行したが固定性が不十分であり再手術を要した1例
6. 舟久保岳央,岡田昌浩,岸本正文:大腿骨複合骨折(頸部+骨幹部)に対してCCHSとプレートを併用して治療した1例
第21回日本臨床救急医学会学術集会(6月名古屋)
7. 岸本正文,加藤昇,塩野茂:大阪マラソンにおける心停止例の検討
第32回日本外傷学会総会学術集会(6月京都)
8. 岸本正文,上杉雅文,黒住健人,生越智文,入澤太郎,土田芳彦:災害時の整形外科外傷の治療戦略
第44回日本骨折治療学会学術集会(7月岡山)
9. 岸本正文,上杉雅文,黒住健人,生越智文,入澤太郎,土田芳彦:災害医療における整形外科外傷治療の重要性
第10回日本Acute Care Surgery学会学術集会(9月仙台)
10. 中川淳一郎,中條悟,升井淳,舟久保岳央,遠山一成,加藤昇,塩野茂:外傷性脾損傷に対する回復止血術の工夫
11. 舟久保岳央,中川淳一郎,升井淳,日野裕志,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,塩野茂:右主気管支断裂による緊張性縦隔気腫に対して縦隔ドレナージ術を要した多発外傷の1例
第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会(11月札幌)
12. 岸本正文:大阪マラソンにおける心停止の現状とPUSH講習会の重要性
第46回日本救急医学会総会学術集会(11月横浜)
13. 舟久保岳央,岸文久,中村賢二,中川淳一郎,奥田和功,岸本正文,塩野茂:外傷性頭蓋内出血に対するSpectral Detected CTの使用経験 造影剤後の真の血腫量の鑑別
14. 中川淳一郎,藤本清治,中村賢二,升井淳,舟久保岳央,日野裕志,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,塩野茂:救命救急センターにおけるSpectral Detector CTの有効性
15. 岸本正文,舟久保岳央,塩野茂:独立型救命救急センターにおける整形外科外傷治療の現状
16. 舟久保岳央,岸本正文,升井淳,中川淳一郎,日野裕志,奥田和功,遠山一成,島津和久,塩野茂:独立型救命救急センターにおける外傷整形外科医による胸腰椎破裂骨折の治療成績
19th European Congress of Trauma & Emergency Surgery(5月バレンシア)
17. Masafumi Kishimoto:Acute treatment of acetabular fractures
14th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine(10月神戸)
18. Kazuhisa Shimadzu, Shigeru Shiono, Satoshi Fujimi:Yao SCU, Japan’s First Staging Care Unit(SCU)

2017年

論文発表

1. 奥田和功,岸文久,升井淳,田中淳,池側恭洋,岡田昌浩,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,遠山一成,島津和久,岸本正文,加藤昇,塩野茂.冠状皮膚切開による両側減圧大開頭術が奏功した重症頭部外傷の一例.日本外傷学会雑誌2017;31:391-394.

学会発表

第37回日本中毒学会西日本地方会(2月津)
1. 田中淳,日野裕志,升井淳,池側恭洋,岡田昌浩,中川淳一郎,中條悟,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,加藤昇,塩野茂:ホメピゾールを使用したエチレングリコール中毒の1例
第53回日本腹部救急医学会総会(3月横浜)
2. 池側恭洋,中川淳一郎,日野裕志,田中淳,升井淳,中條悟,奥田和功,遠山一成,加藤昇,塩野茂:緊急手術により救命しえた左胃大網動脈瘤破裂の一例
第115回近畿救急医学研究会(3月奈良)
3. 奥田和功,田中淳,池側恭洋,中川淳一郎,中條悟,遠山一成,島津和久,岸本正文,加藤昇,塩野茂:硬膜外血種術後に対側硬膜下血腫を低侵襲に管理した重症頭部外傷
4. 升井淳,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,加藤昇,塩野茂:保存的加療にて自然軽快した巨大肝被膜下血腫の1例
第20回日本臨床救急医学会学術集会(5月東京)
5. 岸本正文:東京オリンピック・パラリンピック2020までの解決すべき事 ラグビー競技における現場活動
6. 池側恭洋,升井淳,田中淳,岡田昌浩,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,奥田和功,加藤昇,塩野茂:遅発性に著明な横紋筋融解症を呈した熱中症の1症例
第31回日本外傷学会総会学術総会(6月横浜)
7. 加藤昇,田中淳,池側恭洋,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,塩野茂:肝損傷後の難治性胆汁漏、bilomaに対して内視鏡的胆道ドレナージが有効であった3例
第45回日本救急医学会総会学術集会(10月大阪)
8. 升井淳,田中淳,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,加藤昇,塩野茂:鈍的肝損傷後に肝コンパートメント症候群をきたした5例の検討
9. 加藤昇,升井淳,田中淳,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,塩野茂:放射線科常勤医不在の独立型3次救急施設におけるCTで偶然発見された副病変への対応
10. 岸本正文,加藤昇,塩野茂:救命救急センターにおける整形外科治療の魅惑
38th SICOT Orthopaedic World Congress(11月ケープタウン)
11. Masafumi Kishimoto, Shigeru Shiono:Transiliac rod fixation for sacral fractures

2016年

論文発表

1. 加藤昇,遠山一成,田中淳,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,奥田和功,島津和久,岸本正文,塩野茂.空腸漿膜パッチ術が奏功した十二指腸潰瘍穿孔術後縫合不全の1例.日本臨床救急医学会雑誌2016;19:604-608.

学会発表

第19回日本臨床救急医学会学術集会(5月郡山)
1. 岸本正文,石見拓,安宅啓二,西本泰久:マラソンにおけるMass Gathering Medicine 大阪マラソンにおける救護活動
第30回日本外傷学会総会学術総会(5月東京)
2. 岡本潤,岸本正文,塩野茂:神経症状を伴った仙骨横骨折の1例
3. 奥田和功,升井淳,岡本潤,田中淳,岡田昌浩,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,遠山一成,島津和久,岸本正文,加藤昇,塩野茂,白隆秀,岸文久,渡邉敦彦,杉本正,玉置亮,横山和弘:両側前頭側頭大開頭による外減圧術の一例
第42回日本骨折治療学会学術集会(7月東京)
4. 岸本正文,岡田昌浩:髄内釘への横止め螺子挿入方法 フリーハンドテクニックの紹介
第127回中部日本整形外科災害外科学会学術集会
5. 岸本正文:区画症候群の診断と治療 下肢における区画症候群の治療と予後
第44回日本救急医学会総会学術集会(11月東京)
6. 田中淳,池側恭洋,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,奥田和功,遠山一成,島津和久,岸本正文,加藤昇,塩野茂:胸腹部外傷に対するDamage Control Surgeryについての検討
7. 岸本正文,加藤昇,塩野茂:大阪府内におけるICLSコース開催の現況
8. 岸文久,岡本潤,岡田昌浩,日野裕志,奥田和功,横山和弘,塩野茂:経時的にMRI Susceptibility-weighted imaging(SWI)を施行した脳脂肪塞栓症の1例

2015年

学会発表

第18回日本臨床救急医学会学術集会(6月富山)
1. 岸本正文,塩野茂:バイスタンダーのサポートをするためのシステムづくり 小学生への心肺蘇生法普及活動
2. 日野裕志,木谷直司,岸本正文,加藤昇,塩野茂,古市欣也:食道に穿破した左鎖骨下動脈破裂に対しcovered stent留置により止血し得た1例
第29回日本外傷学会総会学術総会(6月札幌)
3. 岸本正文,加藤昇,塩野茂:寛骨臼骨折の急性期治療の検討
第41回日本骨折治療学会学術集会(6月奈良)
4. 岸本正文,木谷直司,岡本潤:最近経験した脂肪塞栓症候群の検討
第74回日本脳神経外科学会学術総会(10月札幌)
5. 岸文久,横山和弘,岸昌宏,杉本正,渡辺敦彦,玉置亮,奥田和功,塩野茂:当センターにおける鈍的内頚動脈損傷症例の経験
第43回日本救急医学会総会学術集会(10月東京)
6. 加藤昇,岸文久,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,奥田和功,島津和久,木谷直司,岸本正文,塩野茂:精神科常勤医不在の独立型三次救急施設における精神疾患合併例への対応
7. 奥田和功,田中淳,岸文久,中川淳一郎,日野裕志,中條悟,島津和久,木谷直司,岸本正文,加藤昇,塩野茂:特発性大量気道出血の二症例 気道管理の工夫と気管支動脈塞栓術を組み合わせた治療戦略
第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会(11月神戸)
8. 岸本正文:大阪マラソンにおける救護活動
36h SICOT Orthopaedic World Congress(9月(広州)
9. Masafumi Kishimoto:Acute treatment of acetabular fractures